遺品整理での「死臭」や臭い!どうやって取るの?特殊清掃業者に依頼する際に気を付けたいこと

遺体の発見が遅くなると、体が腐敗して部屋に強烈な臭いが発生いたします。

この臭いは通常の清掃業者では完全に消臭することができず、特殊清掃業者に依頼しないと取り除くことができません。

特殊清掃業に依頼する際に、作業の内容や流れを事前に知っておくことでトラブルを避けることができます。

そこで今回は、故人の部屋に残された死臭や臭いを消臭してくれる、特殊清掃業者に依頼する際に気をつけたいことについてご説明いたします。

特殊清掃が必要な方の参考になれば幸いです。

遺品整理で起こりうる「死臭」などの臭いの処理方法について

遺体の発見が遅い場合は体が腐敗してしまうので、強烈な臭いや汚れ、害虫などが発生します。

死臭を伴うほどの汚れは普通に拭き取っても取れませんし、市販の消臭剤を使ってもダメです。

また専用の消臭剤や機材を使っても、正しい知識や経験がないと除去することができません。

作業を行う「特殊清掃員」とは?

事故死や孤独死などによって汚れた部屋や物などを、特殊な消臭剤や機材を使って除去をする専門家です。

腐敗した遺体から発生する汚れや臭いを、正しい知識と経験で消臭してくれます。

故人が残した遺品や形見を早く整理をしたくても、臭いがきついとそれどころではありません。

そこで特殊清掃員に依頼すると、臭いや汚れを除去してくれますし、業者によっては面倒な遺品整理を代行して行ってくれます。

実際の特殊清掃の作業手順について

ここからは特殊清掃業者に部屋の清掃を依頼した際の流れについてご説明いたします。

なくなった故人の床や、布団、壁のクリーニング

まずは臭いの元となる、体液や血液などが付着している床や布団の消臭作業から行います。

布団の処分なら素人でも出来そうだと思われる方もいるかと思いますが、体液や血液にはC型肝炎やHIVといった恐ろしい細菌が付着している可能性があるので大変危険です。

知らずに処分をしてしまうとか、危険な病気に感染してしまうことも考えられるので、必ず特殊清掃員に任せましょう。

また体液が布団を通り越して床まで浸透している場合は、処分するだけでは済みませんので、専用の消臭剤や機材を使って床を綺麗にしていきます。

また臭いの元を綺麗に清掃しても、部屋内の死臭は完全に消臭することはできません。

壁にも臭いが染み込んでいますので、こちらもしっかりとクリーニングしていきます。

業務用の「噴霧機」を使った除菌と消臭

臭いを消臭する際に、業務用の噴霧機を使って除菌と消臭を行います。

市販の消臭スプレーよりも細かな霧を発生させることができるので、臭いの元に直接浸透させることが可能です。

もちろん中身は強力な業務用の消臭剤を入れて使用します。

部屋にある遺品の整理を行う

死臭の原因となる臭いや汚れを綺麗にすることができれば、故人の残した遺品や形見などを整理していきます。

遺品は生活用品や不用品などが多くございますが、銀行の通帳や印鑑、証券などが紛れている可能性もあるので注意してください。

また探し物がある場合は、事前に業者へ伝えておくとスムーズに探し出すことができます。

思入れの詰まった遺品を普通ゴミや粗大ゴミに出せない方は、お寺や神社などで供養してから処分するお焚き上げをすると良いでしょう。

供養できる期間に限りがあるので、特殊清掃業者に代行できるか聞いておくと便利です。

「オゾン発生器」で消臭を繰り返し行う

汚れの原因となる体液を綺麗に拭き上げたり、噴霧機を使って部屋全体を消臭しても臭いが取れない場合は、オゾン発生器を使います。

オゾン発生器は室内の臭いの原因となる分子や細菌、ウィルスなどを分解する効果があります。

オゾンは液体ではなく気体なので、部屋の隅々まで消臭することが可能です。

またオゾン自体にも若干臭いがあるので、完全に部屋を密封する必要があり、隣人にも作業中は臭いが発生する旨を説明しておくと良いでしょう。

それでも臭いがとれない場合は壁や床のリフォームが必要な場合も…

特殊な消臭剤やオゾン発生器を使っても死臭を取ることができない場合は、体液が床や壁を通り越してコンクリート部分にまで浸透している可能性があります。

その場合は壁や床などを剥がして消臭する必要があるので、新しいものに張り替えないといけません。

そうなると当初に見積もり金額よりも高くなってしまいますし、新たな専門業者に依頼することになるので、作業日程を再度調整する必要があります。

特殊清掃をお願いする際に気を付けたいこと

特殊清掃は専門の資格がなくても行うことができるで、素人が特殊清掃の専門業者と名乗ることも可能です。

そのような知識や経験のない業者に依頼してしまうと、臭いを取ることができなかったり、必要以上に時間がかかってしまうことがあるので注意してください。

実績がたくさんある業者に依頼しよう!

特殊清掃や遺品整理の資格を持っているからといって、安心できる業者とは限りません。

特殊清掃は死体の性別や死後の経過日数などによって状況が大きく異なります。

臭いや汚れのほとんどは、強力な消臭剤やオゾン発生機を使えば除去することができるのですが、正しい知識や経験がないと死臭を消すことはできません

実績がない場合は変える必要のない壁紙を変えたり、床材を新しいものに交換したりしないと消臭できないのです。

リフォームとなると特殊清掃の費用よりも高くなってしまうので、なるべく実績のある特殊清掃業者に依頼しましょう。

安さを売りにしている業者には注意!

料金の安い業者や、なんでも屋さんなどに特殊清掃を依頼する場合は注意してください。

特殊清掃業務は特別な資格がなくても作業を行うことができますが、知識のない業者の場合だと臭いをしっかりと脱臭することができなかったり、残された遺品を雑に扱われてしまう可能性もございます。

もし依頼する際は、「脱臭マイスター」や「事故現場特殊清掃士」、「遺品整理士」などの資格を持っている業者は、特殊清掃の知識や危険性などを熟知しているので安心して依頼することができるでしょう。

作業内容が明確かをチェックしよう

業者が部屋の調査に来ている時に、どのような消臭作業を行うのかや、遺品整理などを行ってくれるのかは必ず確認しましょう。

調査の段階であなたの質問をしっかりと回答できない業者は、正しい知識を持っていない場合経験の少ない業者と言えるでしょう。

また知識のない依頼者から高額な料金を請求する悪徳業者の可能性もあるので注意してください。

【豆知識】特殊清掃を行った部屋は「事故物件」になることも…

事故物件とは本来、部屋内で自殺者が出た場合に扱われます。

自然死や病死の場合は事故物件扱いになることはないのですが、遺体の発見が遅くなると事故物件扱いになってしまう可能性もあるので覚悟してください。

発見が遅くなると体が腐敗して床や壁に体液が付着するので、それが原因で異臭騒ぎとなり、事故物件扱いとなる場合もございます。

そうなってしまうと物件の価値が落ちてしまうので、持ち家の場合は買い手がつかず低価格で売却することになってしまいます。

賃貸の場合はしっかりとした特殊清掃が行われておらず、少しでも臭いが残っていれば管理会社やオーナーから損害倍書を請求されてしまう可能性もございますので、業者選びは非常に重要です。

まとめ

  • 特殊清掃業者は専用の消臭剤や専門器具を使って死臭を除去してくれる専門家
  • 料金が安い業者や実績が少ない場合は避けたほうが安全
  • 調査や見積もりの際に、作業内容が明確化に答えられるか確認するべし

 

故人の部屋に残された死臭や臭いを消臭してくれる、特殊清掃業者に依頼する際に気をつけたいことについてご説明いたしましたが、お分かりいただけましたでしょうか。

部屋に充満した死臭や汚れは素人はもちろん、普通の清掃業者でも完全に消臭することができません。

部屋の原状回復をしたい場合は、本記事でご紹介した内容を元に特殊清掃業者に依頼してみましょう!

人気ランキングはこちら!