遺品整理で高く売れるもの一覧!また、高く売るコツは?

形見分けをして残された遺品

そのまま捨ててしまってもいいけれど、どうせなら高く買取ってくれたら最高ですよね。

でもどの遺品に価値があるかわからないし、買取ってもらうのは大変だと思っていないでしょうか。

買取は遺品整理の専門業者に依頼すると、買取ってもらうものと、処分するものをまとめて引き取ってくれるので手間がほとんどかかりません。

そこで今回は、遺品整理で高く買取ってくれるものや、高く売るコツについてご紹介していきます。

残された遺品の処分や買取にお困りの方は、本記事を参考にしていただければ幸いです。

 

遺品整理業者は遺品を高く買い取ってくれるって本当?

遺品整理業者は部屋に残された遺品の仕分けや整理はもちろん、価値があるものは買取を行ってくれます。

遺品整理業者は独自の販売ルートや協力会社と繋がっているので、買取った遺品をリサイクルしたり海外に輸出したりすることで利益が出るからです。

処分に困る大量の遺品をそのまま処分すると、処分費がかかってしまいますが、遺品整理業者に買取ってもらうことで作業費を抑えることができますし、高く売ることができれば臨時収入を得ることができます。

 

遺品整理で高く売れるもの一覧

参考:捨てる前に知っておきたい!意外と売れるものってなに?その1一般社団法人相続支援士協会

ここからは遺品整理業者に依頼すると、高値で買取ってくれるものをご紹介していきます。

価値がないと思っていたものも、意外と高値で売れる可能性もあるので、残っている遺品と照らし合わせてみてください。

金属品(指輪、アクセサリー、金歯なども…)

シルバーの指輪やアクセサリーなどは買取をしてもあまり値段がつかないのですが、金を使ったものであれば高価買取をしてくれます。

金は資産価値が落ちないと言われていることもあり、故人によっては金塊として所持している方もいらっしゃいます。

金はアクセサリー以外にも金縁メガネや故人の金歯などにも含まれており、破損しているアクセサリーでも金によっては溶かして再利用することもあるので、高価買取が可能な品目です。

プラチナ製品

プラチナ製品も貴金属と同様、非常に高価買取をしてくれる品目です。

プラチナは主にアクセサリーに使われることが多いのですが、高価な万年筆のペン先にも使われていることもあります。

仏像・仏壇

仏像や仏壇は、コレクターや骨董品の愛好家がいるので綺麗な状態のものだと高価買取が可能です。

お鈴や線香立てといった部分には金や銀が使われており、仏具が揃っているとより高く買取をしてくれます。

仏像には宗派があり、如来や菩薩などこれ以外にもございますが、買取の査定には特に影響を受けません 。

また仏像や仏壇を親族に継承する場合は特に気にする必要はないのですが、廃棄したり買取ってもらったりする場合は、魂を抜くために供養が必要です。

個人で行う場合は供養をするために近くの寺院に問い合わせをして、運搬しなければいけないので大変ですが、遺品整理専門業者に買取を依頼すると、供養から搬出までをすべて行ってくれます。

面倒な手間が省けて高価買取をしてくれるので、仏像や仏壇の処分は遺品整理専門業者に依頼するのがおすすめです。

着物

洋服は古くなれば古くなるほど値段がつかないのですが、着物は年代に関わらず珍しい柄や種類によって、高値で買取ってもらうことが可能です。

その中でも大島袖は、職人が1枚1枚作り上げていくので希少性が高く、湿気や汚れにも強いこともあり、着物愛好家が多くいます。

他には西陣織も、通常の着物よりも高値で買取してくれます。

着物は虫食いや破れがあっても、リメイクすることができるので買取ってくれる可能性が高いです。

破棄する前に一度専門業者に相談してみましょう。

骨董品

骨董品は製造から100年以上経過した美術品や工芸品のことを指し、掛け軸や壺など様々な種類がございます。

素人だと価値がわからないことが多いのですが、専門業者に依頼してみると想像以上に高い値段になることも。

また箱ありで作者や年代がわかっていると、さらに高値で買取ってくれる可能性が高いです。

模造した作品の場合は値段がつかないこともあるので、専門家に一度見てもらうと良いでしょう。

ブランド品

ブランド品は古いものでもコレクターがたくさんいますので、高値で買い取ってもらえる可能性がございます。

ルイヴィトンやロレックスといった知名度の高いものであれば、モデルによっては購入した金額よりも高値で売却できる場合も。

デザインが昔から変わっていないものや、箱や保証書なども揃っていると高価買取できる可能性が高いです。

趣味・嗜好品

一見すると買取できないような故人が集めていた嗜好品なども、高値で買取してくれることもあります。

基本的には状態が綺麗で、年式が古くなればなるほど高値になる可能性が高いです。

おもちゃ

開封品か、未開封品かで大きく買取の価格が変わってきます。

テレホンカード

アイドルやアニメ、競馬がデザインされたテレホンカードはプレミア価格になることも。

切手

製造が古いものや、記念に発行されたプレミア切手は10万円以上で買取られうものもございます。

オーディオ機器


【PR】レコード・オーディオ・楽器などの音楽関係の中古品買取なら『TU-Field』

プレイヤー・スピーカー・コンポなど

レコードプレイヤーや大型のスピーカー、MDを再生することができるコンポなどは高値で買取ってくれる可能性が高いです。

また、本体がなくても配線やパーツだけの場合でも、手に入りにくいものだと探している人はいるので買取ってくれます。

レコード盤(SP/LP)・CD/DVDなど

レコードブームの再熱により、古くて希少性の高いレコードは高値で買取ってくれます。

特に「ビートルズ」や「テレサテン」のレコードは、種類によっては数十万円で買取ってくれることも。

オークションで売れば業者よりも高値で売却できる可能性もございますが、大量のレコードを発見した場合、1枚1枚出品するのは大変です。

また素人だと値付けがわからないので、損することもあるので遺品整理業者にまとめて買取ってもらうのが良いでしょう。

医学書・法律書などの専門書

漫画や雑誌も希少性が高いものは高値で買取ってくれますが、専門書は比較的どのジャンルでも買取ってくれる可能性が高いです。

専門書とは医学や語学、法律といった専門家に向けに書かれた学術本で、人気のあるものや手に入りにくいものだと、さらに高値で買取ってくれます。

絵画や美術書などの美術品

絵画や美術書などの美術品などは人気アーティストが手がけた作品の場合、数十万や数百万円といった破格の買取金額になる可能性がございます。

作品に汚れや破損があっても、専門家によって復元することができるので、諦めずに買取ができるか一度専門業者に相談してみましょう。

また素人だと美術品や絵画などの価値がわからないので、専門業者に買取ってもらうのがおすすめです。

 

遺品整理で高く売るコツとは?

買取ってほしい遺品をまずは綺麗にしましょう。

汚れが付いている場合、それを綺麗にする手間が発生するので、買取金額から作業費を引かれた価格になってしまうからです。

また付属品のありなしでも大きく査定に影響します。

箱や保証書、ノベルティなど、すべて揃っていることで相場よりも高値で買取ってくれます。

そして買取ってもらう前に、1社だけではなく必ず3社以上は見積もりを取るようにしましょう。

面倒かもしれませんが、遺品整理業者によっては買取に強いジャンルが異なるので、買取金額が倍以上違う可能性があるからです。

 

専門の買取業者に依頼するのもオススメ!

美術品や骨董品、着物などは専門的な知識が必要なので、遺品整理業者やリサイクルショップよりも、専門の買取業社に依頼するほうが高値で買取ってくれます。

遺品の買取は1社にまとめて依頼したいところですが、買取金額を少しでも高くしたい場合は、一般的な買取業者と専門業者に分けて買取することでお得に売ることができます。

 

オークションサイト、メルカリなどに出してみるのもあり?!

遺品をなるべく高く売りたい方や、故人の部屋の遺品整理を急がなくても良い場合、自分でオークションサイトやメルカリなどに出品するのもおすすめです。

商品の撮影や出品作業、発送などの手間が発生しますが、業者に支払う手数料はかからずにサイトの少ない販売手数料だけで済みます。

高く売るコツは、商品が綺麗に見えるように撮影したり、状態や出品することになった経緯などを細かく記載することです。

オークションだと入札者同士で値段をどんどんと釣り上げてくれることもあるので、相場よりも高値で売れることも。

しかし高くで売れるだろうと出品金額を低く設定し、そのまま低い価格のまま落札されてしまう場合もございますので、納得のいく値段で開始しましょう。

 

まとめ

遺品整理で高く買取ってくれるものや、高く売るコツについてご紹介しましたが、お分りいただけましたでしょうか。

残された遺品の処分はなるべく早くしたいと思い、簡単に処分してしまってはもったいないです。

業者に買取ってもらったり、自分でオークションやメルカリなどで出品することで、遺品整理の費用を軽減することができますし、思わぬ臨時収入が入ることもあります。

故人が残した遺品の中に、今回ご紹介した品目がないか照らし合わせてみてください!

 

人気ランキングはこちら!