遺品整理おすすめランキングのヘッダー

遺品整理とは?料金相場や買取の必須知識から仕方まで!おすすめ遺品整理業者をランキングで徹底比較!

失敗しない遺品整理業者の選び方

あなたの大切な人が亡くなり、部屋に残された大量の遺品。

いつまでもそのままにしておくことはできないので、なんとか整理をしたいけど、どこから手をつけていいかわからないですよね。

また、遺品整理業者に頼んでみようと考えているが、中には悪徳業者がいるので本当に任せていいか不安ですよね。

そこで今回は、悪徳業者に間違って騙されてしまわないためにも、遺品整理の情報について幅広くまとめてみました。

これから遺品整理をしなくてはいけない方はぜひ参考にしてみてください。

遺品整理のおすすめランキングTOP3!

遺品整理プログレス

最安料金

35,000円~

総合評価

4.97

  • メディアで実績あり!遺品整理といえばここ!
  • 全国対応・年中無休!当日依頼も可能!
  • 遺品整理から買取、清掃、書類手続き、家の解体まで全ての作業が可能!
アイコン
プログレスは、誠実な遺品整理でメディアでも紹介されています。作業完了後のアンケートは、直接社長室に届くので満足されたことや不満点など作業改善に役立てます。

きもちもせいり

最安料金

30,000円~

総合評価

4.88

  • 全国100店舗以上展開!大企業ならではの安心感!
  • 遺品整理だけではなく終活全般のサービスに対応!
  • 買取のプロの多数在籍!買取ジャンルが豊富!
アイコン
『きもちもせいり』は、全国にリユースショップを100店舗以上展開している株式会社ベストバイが運営しているサービスです。家財評価アドバイザーなどが多く在籍しており、買取ジャンルも非常に豊富なので、買取の正確さにおいては群を抜いて評判が高いです。遺品買取で費用を抑えたいと考えている方には特にオススメです!

ゴミ屋敷バスター七福神

最安料金

30,000円~

総合評価

4.84
  • 今だけ!WEBから申し込めば10%OFF!
  • 全国各地に展開!大手だからこその安心感!
  • 遺品整理はもちろん供養や買取など一括対応OK!
アイコン
今だけ!WEBから申し込めば10%OFF!「ゴミ屋敷バスター七福神」といえばなんと言っても片付けから買取まで一括して対応してくれるワンストップサービスが魅力的。料金が不安な方は予算に応じたプランニングも無料で相談にのってくれますので、ぜひ一度相談してみてください。
   

目次

遺品整理とは?遺品整理と生前整理の違いって?

遺品整理をした部屋

遺品整理とは、故人の部屋に残された貴重品や衣類、写真などを、家族や親族、遺品整理の専門業者(遺品整理士)などに依頼して整理していくことです。

葬式や役所の手続きのように、死後すぐに行うようなものではなく、基本的にはいつ行っても大丈夫です。

遺品整理士とは

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会民間資格をもつ人のことを指します。遺品整理に関して正しい知識や法律の知識を持ち、故人の残された遺品を正しく仕分けることができます。

さらに遺品の供養や、賃貸物件の原状回復などの知識もあるので、急いで部屋を空けないといけない場合や、長年遺品整理が出来ずに放置してしまっている方は、一度相談してみると問題を解決してくれるでしょう。

参考記事

遺品整理と生前整理の違い

遺品整理は、大切な人が亡くなってから部屋の整理をするのに対し、生前整理は生きているうちに、自分の葬式の手配をしたり、持っている不要な物の処分、亡くなった後に遺品をだれに相続するかなどを決めておくことです。

生前整理をしておくことで、残された家族や親戚などの負担を減らすことができますし、本当に残しておきたい大事な写真や貴重品なども、自分で選んで大事な人に渡すことができます。

貴重なものや高級品などは、相続する際にもめる原因となるので、そういったトラブルも事前に生前整理をしておくことで回避できます。

遺品整理のサービス・依頼できること

遺品整理士の資格を持つ女性

故人の部屋に残れた生活用品や家具、貴重品などの整理は、残された家族や親族で手分けしていくのが良いです。

しかし、仕事があったり離れた土地で暮らしている場合、みんなと予定を合わすのが難しいですし、一人で行わないといけない場合は大変ですよね。

昨今では遺品整理専門のサービスがございますので、業者へお願いすることで、いつまでも手をつけれなかった遺品をスムーズに整理することができます。

また、どう処理していいかわからない仏壇や、空き家の処理などもサポートしてくれます。

遺品の仕分け

専門業者と家族や親族たちで手分けしながら遺品整理を行っていきます。

おおまかには

  • 手元に残しておく遺品
  • 形見分けする予定の遺品
  • 買い取ったりリサイクルする遺品
  • 処分しても大丈夫なもの

 

など10種類程度に分けて、1つ1つ確認しながら進めていくので、非常に大変な作業となります。

貴重品の探索(遺品探し)

遺品整理を行う上で、まず最初に故人が所持していた通帳や貴金属、ブランド、土地などの貴重品を探していきます。

その理由は、年金受給の停止処理や光熱費の支払いなどは期限がございますので、早急に手続きする必要があるからです。

また、価値のある遺品は、遺言書に名前が明記されていれば、その人に渡す必要があるのですが、突然亡くなったり、特に遺言書が用意されていない場合は、家族や親族で相続する必要があります。

見つけても黙っていたり、盗ってしまったりする可能性もあり、トラブルの原因となるので、まずは貴重品の探索から始めましょう。

形見分け(配送)

形見分けとは、残された遺品を親族や、故人が親しかった友人に分けることです。小物であれば手渡しすることができますが、遠方に住んでいる方や、大きな家電や家具を渡す場合は運ぶのが大変なので、遺品整理業者もしくは引越し業者へ依頼します。

ただ、引越し業者の場合は遺品を雑に扱われてしまう可能性もありますので、遺品整理業者へ依頼する方が安全に遺品を配送してくれます。

また、形見分けで遺品を送る場合は、包装するのではなく梱包して送るのがマナーなので、個人で送る際は気をつけてください。

遺品買取や不用品処分

遺品買取

遺品整理をしていると、故人の趣味で集めていたものや、価値はありそうだけど、売れるのかわからないようなものまでたくさん出てくると思います。

それらを自分の足で運び、リサイクルショップへ行ったり、ネットオークションなどで売るのは大変です。

そういった場合は、遺品整理業者へ買い取ってくれるか相談してみましょう。

遺品処分

残された不要な遺品は、自分たちで処分しようとすると分別をしたり、大きな家具の場合だと分解しないと部屋から出せないこともあるので非常に大変です。

不用品回収業者や何でも屋でも遺品の処分を依頼することはできます。

しかし、ゴミの分別はできますが、思い出の詰まった遺品に対して、故人の思いや親族の気持ちなどを考慮されず雑に扱われます。

これを遺品整理の専門業者へ依頼すると、ちゃんと遺品に対して向き合いながら処分してくれるので、こちらも安心して依頼することがでいます。

不用品処分

遺品整理業者は処分に困る大きなタンスや、買取ることができないような不用品、処理の面倒な家電なども一括して処分してくれます。

価値のないと思っていたものも、金額がつく場合は教えてくれます。

しかし、なんでもかんでも業者へ依頼すると処分費が高くなってしまうので、時間や人数がいる場合は、手分けしてゴミの日に合わせて捨てると良いでしょう。

仏壇処分

仏壇を引き継ごうと思っても、自宅の空きスペースがない場合は、仏壇を処分する必要があります。

しかし下手に処分しまうと罰が当たってしまいそうなので、処分に困りますよね。

仏壇を処分するには、お寺で供養して魂抜きをする習わしがあり、この魂抜きをしないことには故人が敬うことができません。

なので必ず行う必要があります。

でも、個人で重たい仏壇を運ぶのは大変ですよね。

その場合は遺品整理業者へお願いすると、仏壇の配送から供養、処分までを一括に行ってくれます。

遺品の供養

故人が生前愛用していたものや、思いが詰まったものには魂が宿ると言われています。

残された遺品を相続したり形見分けをしたが、残ってしまった大切な遺品を簡単に粗大ゴミや普通ゴミとして捨てれない場合、しっかりとした供養をすることで処分することができます。

お焚き上げ

「お焚き上げ」とは、不用になった愛用品につまった魂を、神社やお寺などで燃やして供養することで、その魂を天に返す儀式のことです。

自分で不要品を持っていくと費用を抑えることができます。

しかし手間はかかりますし、受け付けられるのが人の多い正月の時だけだったり、ものによっては断られるころもあるのが難点です。

遺品整理専門業者に頼むと、基本的には年中受け付けてくれますし、わざわざ足を運んで持っていく必要がなくなるので便利です。

合同供養

合同供養とは遺品整理専門業者が、他の依頼主達から預かった遺品とまとめて供養することです。

基本的には遺品整理を行った別日に、業者が指定した場所に僧侶を呼んで供養します。

もちろん依頼主も参加することが可能なので、安心して遺品の供養をすることができます。

特別供養

合同供養が複数の依頼主の遺品を供養するのに対し、特別供養は依頼主の遺品の供養だけのために僧侶を神社へ呼んで、遺品を供養してくれることです。

位牌やご本尊など宗教上、特に大切なものなど合同で供養したくない場合に活用すると良いでしょう。


生前整理・老前整理

生前整理

生前整理とは亡くなってから家族や親戚に迷惑をかけたくないとう理由から、生きている間に自分の葬式やお墓の手配をしてしまうことです。

それと同じ理由で、自分の住んでいる部屋の貴重品や家具、衣服、写真の整理なども先に行っておくことで、遺品整理のために遠方から家族が来る負担がなくなりますし、大型家具や家電など処理に困る遺品に関しても、リサイクル業者への手配が不要になります。

また、本当に残しておきたい大事な写真や貴重品なども、自分で選んで大事な人に渡すことができます。

貴重なものや高級品などは、相続する際にもめる原因となるので、そういったトラブルも事前に選んで予約しておくことで回避できます。

老前整理

老前整理とは定年退職後に豊かに暮らすために行うことです。

子どもが自立して家を出た時、大きな家に住んだままだと費用が大きくかかってしまいます。

なので小さなマンションに引っ越ししたり、処理の大変な身の回りの不用品を処分したりします。

また、長生きするための健康管理なども老前整理のうちに入ります。

早い人なら30代のうちから今後を見据えて老前整理を始める方なども、近年増えてきています。

クリーニング・清掃

故人の住んでいた部屋の遺品整理はもちろん、部屋の清掃もしないといけないのですが、亡くなった後の部屋というのは独特な臭いや汚れがあったり、扱いの困る仏壇や、ゴミ屋敷になっている可能性もあるので、その場合は専門業者を呼んで清掃する必要があります。

特殊清掃

ご家族や同居人がいた場合は、簡単な清掃や原状回復作業のみの清掃で大丈夫です。

しかし故人が一人暮らしで、発見までに時間がかかった場合などは、体が腐敗して強烈な匂いや、虫などが発生している可能性があります。

その場合は簡単な清掃では済みませんので、専門業者による特殊清掃が必要となってきます。

ハウスクリーニング(消臭・脱臭)

故人が亡くなった部屋の清掃を、通常のハウスクリーニング業者に依頼すると、匂いが取れていなかったり、除菌がちゃんと出来ない場合が多いです。

なので、故人の部屋の清掃は遺品整理業者か特殊清掃業者に依頼するのが良いでしょう。

また、汚れた布団は普通ゴミとして処理するには切って小さくする必要がありますし、粗大ゴミとして処分する必要があります。

個人で捨てると大変ですが、専門業者にお願いすれば面倒な布団の処理もしてくれす。

仏壇クリーニング

「仏壇クリーニング」とはその名の通り仏壇を綺麗に掃除することです。

仏壇は繊細な部品が多く、また素人が掃除をしようとすると変色したり金箔が剥がれてしまう可能性があるので、専門業者へ依頼するのが安心です。

専門業者は仏壇を分解して、部品ごとに合った清掃方法で綺麗にしてくれます。

また、経年劣化して剥げてしまったり割れてているような箇所があれば、合わせて補修もしてくれます。

ゴミ屋敷片付け

故人が一人暮らしの場合にゴミ屋敷となっていることがたまにあり、体が弱ってくると部屋の片付けが億劫になったり、手の届く範囲にものを置いておくようになるのが原因の一つです。

遺品整理をしようにも、ゴミ屋敷の中から必要な遺品や大事なもを見つけるのは大変ですよね。

そういった場合に、遺品整理の専門業者へ依頼するとあんなにもあったゴミと遺品を、スムーズに仕分けしてくれますし、捨てる際にも都度確認が入るため、安心して整理を任すことができます。

また、害虫が湧いていたり部屋が汚れてしまっていても、特殊な洗剤や器具を用いて綺麗にしてくれるので、賃貸の場合でも安心です。

不動産整理

故人の住んでいた家に、誰か住むことになれば良いのですが、離れたところにあったり、すでに自分の家を購入してたりする場合は、空き家を処分する必要があります。

初めてのことなのでどうしたらいいかわからないですよね。

ここからは困った空き家を残しておくといけない理由や、解体する場合についてご説明します。

空き家整理

両親が共に亡くなってしまい、実家が空き家になってしまった場合、残された家族がそこに移り住むことができれば良いのですが、住み手が見つからない場合もあるかと思います。

そのまま空き家として放置しておくと、家が早く劣化してしまいます。

また、空き家対策特別措置法により、所有している空き家が「特定空き家」に指定された場合は、多額の税金を支払わなければいけません。

そのため残された空き家を速やかに売却したり、賃貸として貸し出す必要があります。

空き家解体

残された空き家の状態が悪く、とても住めるような状態でないまま放置しておくと、行政から注意されることもあり、修繕して住んだり賃貸として運用する気がないなら、空き家を解体してしまうのも良いでしょう。

遺品整理を行なうのに業者へ依頼したのであれば、空き家を解体できるか相談してみましょう。

解体業者の場合でもよいのですが、遺品整理の専門業者へ依頼すると遺品整理もしてくれますし、解体もでき、綺麗になった土地の活用方法までサポートしてくれます。

初めての不動産運用をする場合でも、故人の意思を組んだ活用方法を提案してくれるでしょう。

不動産の買取・仲介

残った空き家を売却したり、賃貸物件として貸し出す場合、個人で不動産に行って手続きをするのは大変ですし、残された物件が事故物件として扱われるのではないかと不安になりますよね。

自然死で亡くなった場合は、次の入居者に事故物件であることを伝える義務はございません。

しかし、故人が亡くなった時に発見されたのが遅く、遺体が腐敗していた場合は事故物件として扱われる可能性があるので、不動産の価値として低くなってしまう可能性もございます。

また、亡くなってからの発見が早く、部屋に汚れや臭いがない場合でも、トラブルを避けるために事故物件として扱われることもあります。

これは何も聞かされず入居した場合に、近所の方から人が死んだ物件と聞かされるとトラブルになってしまうので、最初から事故物件として扱う不動産会社もございます。

このように個人で空き家を賃貸運用や売却するのは大変です。

遺品整理専門業者ならこのような不動産の買収や運用方法に長けているので、遺品整理と共に相談するとあなたに合った不動産活用をすることができるでしょう。

相続の相談

故人の残された価値のある遺産や、生前に知らなかった借金の処理など、なにかとトラブルになりやすいのが相続問題

ここからは相続相談についてご説明いたします。

遺産相続の相談

遺産相続とは故人が残した財産を受け継ぐことです。

一般的には配偶者や子ども、孫や親などが相続人となって遺産を引きつぎます。

相続は、故人が亡くなると同時に発生いたしますので、故人の残された部屋の遺品整理と同時に、誰に相続するのかや、どういう割合にするかを考える必要があります。

遺産分割の相談

亡くなった故人の遺品や資産を、残された家族や親族で分割する必要があるのですが、今まで仲の良かった家族や兄弟でも、トラブルに発展してしまうことが多いのが難点です。

家族に均等に分割することが決まっているのであれば問題はないのですが、介護をしたと主張する兄弟がいたり、なぜか子供の配偶者から遺産を分けろと言われることもあるようです。

また、故人が借金を持っていた場合も相続する必要があります。

これは裁判所へ相続の放棄を申告し、認められれば借金を相続する必要はなくなります。

ただ相続が開始してから3ヵ月以内に申告しないと認められません。

用意する書類も多いので、弁護士に一度相談してみると良いでしょう。

相続税の相談

相続税とは、故人から遺書や遺言で受け取った遺品の、金額の総額が大きい場合に発生する税金のことです。

生命保険や死亡退職金などは相続税には入りません。

相続税法が平成27年に改定し、基礎控除額(非課税枠)が下がり対象となる人が増えましたが、実際に相続税が発生するのは20人に1人くらいと、遺品を相続した人全てに発生するわけではありません。

しかし、故人がみんなには内緒の不動産や口座をもっていることもあるので、注意する必要があります。

遺言書の相談

遺産の相続が発生した場合、まず行う必要があるのが遺言書の確認で、遺言書があった場合その内容をもとに遺産を分割していくのが基本です。

自筆で書かれた遺言書を見つけても、勝手に開けてしまうと罰金を支払わなければいけないこともあるので注意してください。

また、記載された内容に納得いかない場合は、相続人全員で協議し、全員分の実印をもらうことができれば意義を申し立てることが可能です。


手続き代行

遺品整理には故人が残した遺品以外にも、故人が入っていた生命保険の受け取りの手続きや、銀行口座の凍結など、ほかにも様々な手続きが必要です。

各種手続きをご説明していきます。

保険手続き(生命保険など)

まずは故人が入っている保険を確認します。

保険には生命保険以外にもガン保険などもあるので、その保険金の受け取り名義の確認や、請求期間も忘れずに確認しておきましょう。

ちなみに保険金は3年以内に請求の申請をしないと消滅してしまうので、必ず期限内に保険会社へ請求しましょう。

また、保険会社に死亡診断書や各種書類なども提出する必要があるので、期間が過ぎてしまう前に必ず取得しておきましょう。

行政手続き

戸籍や税金などいろいろな行政の手続きをする必要があるのですが、平日しか受け付けていないので、仕事をしているとなかなか取得しにいけないですよね。

遺品整理業者は面倒な行政手続きを代行で行ってくれます。

銀行手続き(銀行口座など)

故人が亡くなると葬儀をしたり遺品整理をしたりと、多くのお金が必要になります。

そこで故人の銀行からお金を出して使おうとしても、口座が凍結してだせなくなってしまう可能性がございます。

必要書類をそろえて提出すれば口座の変更や解約を行なうことができますが、そのような面倒な書類の用意も遺品整理業者が代行してサポートしてくれます。

司法書士への取次(住居の名義変更など)

故人の住んでいた家や、不動産を所有していた場合、相続する上で司法書士へ登記簿上の名義変更の手続きを依頼する必要があります。

個人で行なうことも可能ですが、戸籍を収集したり、相続関係図の作成、不動産の名義変更手続きを法務局に申請したりなど、時間と知識が必要なので大変です。

そのようなお困りごとも、遺品整理業者は一括して司法書士へ取り次いで、手続きのサポートをしてくれるので心強いです。

車の名義変更・廃車手続き

売却するとまとまった大きなお金になる車も、立派な遺産のうちの一つです。

名義変更をせずに親族が乗ることは違法ではないのですが、万が一事故に合った時は保険を使うことが出来ません。

また途中で売却したくても名義が変わっていないと自由に売ることも処分することもできません。

面倒な書類の用意や申請に関しても、遺品整理業者が行ってくれる場合もあるので、車が残されて困っている場合は一度相談してみてください。

遺品整理を依頼できるケース(住まい状況)

戸建(一軒家)の遺品整理の

遺品整理を専門業者へ依頼した場合、住んでいる場所や家の種類、搬出経路によって作業にかかる時間や料金が大きく変わります。

ホームページに記載されている料金表の金額でお願いできると思っていても、見積もりしてもらったら倍以上の金額になることも。

マンション、一軒家、賃貸のそれぞれの特徴についてまとめました。

マンションの遺品整理

マンションに故人が住んでいた場合、気をつけなければいけないのが搬入経路です。

大きな家具や家電を運ぶ際に共用廊下が狭かったり、エレベーターがない場合は運び出すのが非常に大変です。

その場合は引越し業者もしくは遺品整理業者へ依頼すると良いでしょう。

一軒家の遺品整理

一軒家の場合は、面している道路の幅が狭いと業者のトラックが入ってくることが出来ませんので、改修費用が高くなってしまうことも。

賃貸の遺品整理

故人が賃貸に住んでいた場合は速やかに退去の申請をしないと、毎月家賃を請求されることになってしまいます。

また、仕事の都合や親族の都合でなかなか遺品整理を集まって出来ない場合は、遺品整理業者へ依頼すると現場に立ち会わなくても作業してくれるので、非常に助かります。

遺品整理を業者に依頼するメリット・デメリット

よくわかる遺品整理のメリット・デメリット

残された遺品の量や状況によって変わってはきますが、業者選びを間違えて悪徳業者に依頼してしまわないための参考として、遺品整理の専門業者へ依頼した際のメリット・デメリットをご紹介いたします。

メリット

遺品整理の専門業者へ頼んだ場合のメリットは

メリット

  • 時間のかかる遺品整理を短期間で終わらせることができる。
  • 遠方に住んでいる家族や親戚を呼ぶ手間や、交通費がかからない。
  • 部屋の原状回復や、処分に困る遺品の処分も代行してくれる。

デメリット

逆にデメリットは

デメリット

  • 費用がかかってしまう。
  • 業者選びを間違えると遺品を雑に扱われてしまう。

自分で遺品整理した場合との比較

親族だけでも遺品整理を行うことができますが、作業に時間がかかったり遠方に住んでいる場合は、往復の交通費や宿泊費がかかるので、業者に依頼したほうが安く抑えれる場合もございます。

遺品整理業者に依頼した場合自分で作業した場合
日程いつでも休みの日
費用5万円〜無料だが、交通費がかかることも
作業時間1日最低1日以上
処分業者が代行してくれる自分たちで全ておこなう

 

こんな人は業者依頼がおすすめ!

  • 仕事でまとまった時間を取れない人
  • 遠方に住んでいる人

遺品整理の料金費用

遺品整理の料金相場・価格表

大変な遺品整理を専門業者へ頼みたいと思っているけど、実際にどれくらいの値段がかかるかわからないし、専門業者のホームページに掲載されている料金でお願いすることができるか心配ですよね。

料金システム(内訳金額)

遺品整理にかかる費用は、故人の部屋によって特殊清掃が必要であったり、行政への申請をお願いしたり、不動産の運用をしたりと人によって大きく変わってきます。

その中でも遺品整理で発生する主な費用について、ご紹介いたします。

処分費

部屋に残された処分品が多いと処分費は高くなります。それ以外にも供養をするために神社へ遺品を運ぶ必要があったり、大きな家具や家電が多い場合は、一般の価格表よりも高くなる可能性があるので注意してください。

運搬費

遺品の搬出をする際に、道路が狭くてトラックを横に停めて作業が出来ない場合や、マンションでエレベーターがなかったり、通路が狭くてベランダから搬出したりする場合は値段が大きく変わってきます。

諸経費

諸経費とはトラックの手配費やガソリン代、駐車場代、雑費など様々なものが含まれる費用です。

業者から見積もりをしてもらった際に、詳細の記載がなく諸経費が異常に高い場合は内訳を教えてもらうようにしましょう。

悪徳業者の場合は、水増しして高い料金価格で請求しようとしている可能性もあるので注意が必要です。

料金相場

ざっくりとした遺品整理の料金の相場ですが、

間取り料金相場
1K5万円~
2DK10万円~
3LDK15万円~
4LDK20万円~

となっています。

しかし遺品の量や休日の対応、オプションのあるなし、など様々な条件によって金額は大きく変わってきますので、料金表は本当に参考程度で見ていただければと思います。

多くの遺品整理業者は無料で自宅まで来て見積もりをしてくれますので、料金を抑えたり、悪徳業者へ捕まってしまわないためにも必ず3社以上は見積もりを取るようにしてください。

遺品整理の買取について

遺品整理の買取

故人が残した遺品を親族で分けたけど、それでも多く残った遺品の処分するのは罰が当たりそうなので、処分するのに勇気がいりますよね。

また、故人がコレクションしていて価値のありそうなものは、高く売れそうだけどどこに売ると良いかわからないですよね。

遺品買取とは

残された故人の遺品は形見分けをしたり、処分するだけではなく、価値のあるものは買収してもらえます。

他にもリメイクをして新しいものに生まれ変わったり、東南アジアなどへ輸出して長く愛用してもらえます。

遺品買取で売れるもの

売れるものとして真っ先に思いつくのが、ブランド物や貴金属だと思います。

それ以外にも故人が着ていた服や、日用品、家電など様々なものが売れるので、知らずに処分してしまうのはもったいないです。

また、素人では価値がわからない骨董品や勲章、洋酒などは、専門業者に見てもらったりオークションなどに出品すると実は高値で売ることがあります。

高価買取されやすいもの

遺品の中で特に高く売れやすいものは

  • 貴金属
  • プラチナ
  • 金歯
  • 仏壇
  • 製造年げつの古い洋酒

など。
金は年月が経っていても価値が下がることはないと言われていますが、日々取引される値段は緩やかに上下しています。

マニア向けのものは意外と高値がつきやすい

  • 古い人形
  • 昔の牛乳瓶のフタ
  • 使えなくなったカメラ
  • 映画の半券

など。

あなたは価値がないと思っているようなものでも、意外と高値で売ることができるかもしれませんので、ぜひ一度専門業者へ遺品を見せてみましょう。

衣類の買取はあまりおすすめできない

衣類で価値があるのはブランド物や着物で、着物はリサイクルショップや古着屋に持っていくよりも、着物買取専門店で買取してもらう方が高く買い取ってれます。

基本的に衣類は流行り廃りがあるので、古くなれば古くなるほど価値はなくなります。大量の衣類をリサイクルショップに持って行っても値がつかないことがほとんどです。持って行く手間を考えると、自分で処分してしまった方が楽な場合もございます。

遺品買取で引き取られたあとの行き先

処分を依頼された遺品を簡単に処分するのではなく、再生を目的として地域貢献や本当に必要な人へ届けられるようにリサイクルしています。

国内市場

未使用の衣服や生活用品などは、震災や被災で困っている地域に寄付をして地域貢献に勤めています。また、国内のリサイクル市場へでリサイクルする場合は、輸送費を抑えることができるので、リサイクル率が高くなり、高価格でリサイクルすることができます。

リサイクルショップ

リサイクルショップは古着や家電、大型家具など様々なものを扱っているので、処分に困っている遺品もすべて買い取ってくれるとお思いかと思いますが、実は買い取ってくれるものは限られています。

数十年も使われた婚礼ダンスは現在では需要はありませんし、古くなった家電も修理して使えるようになってもすぐに壊れてしまい、リサイクルショップの信用が落ちてしまうので断られることが多いです。

買取できないものの処分は受け付けてくれませんので、たくさんリサイクルショップに持って行ったけど、ほとんどが買い取られずそのまま持って帰る羽目になる可能性もあります。

なので、まとめて買取や処分をしてくれる遺品整理業者へお願いするのが手間がかからず便利です。

ネットオークション

価値のあるものはネットオークションに出品すると、思わぬ高い金額で落札されることもあるのでお得です。

しかし遺品を撮影して、商品の特徴を考えて記載し、落札されれば発送をする。と、非常に手間がかかります。

さらに、遺品が落札されない場合はいつまでたっても部屋に遺品が残されたままになってしまうので、急いで片付ける必要がある場合は避けたほうが良いでしょう。

リメイク業者

ネットオークションなどで売ることができなかったり、一部に汚れがあったり破れがある着物でも、リメイク専門業者であれば和小物にリメイクすることができるので、買い取ってくれたり、無料で引き取ってくれます。

また、故人の思入れの強い着物を手元に残しておきたい場合は、あなたや他のご家族のためにリメイク業者へ作ってもらいたい小物を伝えて、オリジナルの和小物を作られてはいかがでしょうか。

海外貿易

処分に困った家具や家電などの遺品で、商品自体はまだ使うことができるが、市場やオークションに出しても売れないようなものでも遺品整理業者は引き取ってくれます。

その場合タイやフィリピンなど、東南アジアなどの物価の安い国に輸送して、使ってもらうようリサイクルしています。

遺品整理の流れ

遺品整理の流れや時期

遺品整理を行うのに決まった時期はなく、あなたの気持ちの整理がついたタイミングで始めて大丈夫です。

一般的には法要の後や、親族の多く集まる葬儀の後、各種手続きの後などが多いです。

遺品整理を行うタイミングが決まった後は、遺品整理を行うのですが、一体どういった流れで行われるか気になりますよ。

それでは遺品整理の流れについてご説明していきます。

問い合わせ

まずはホームページや、折込チラシに記載されている連絡先へ連絡してみましょう。

そしてできれば3社以上に連絡をして、見積もりをもらうようにしてください。

一社だけだと料金が高いか安いのかの判断もできませんし、他の業者にも相見積もりをしているということを伝えると、料金を値引きしてもらえる可能性があるからです。

他にも利用者の口コミなども選ぶ際の参考にしてみてください。

現地調査・見積もり

電話やメールで現地調査の日程を調整して、実際に遺品の量や部屋の大きさなどを確認してもらい、初めて正式な見積もりがでます。

悪徳業者の場合は電話で作業の料金を伝え、作業当日になって「思っていたよりも量があった」「時間がかかったので追加費用が必要」と。言ってくる可能性もあります。

ですので、業者に正式な見積もりをもらうには、事前に現地調査をしてもらうようにしてください。

契約

業者から提出された見積もりや、作業の範囲、他社の見積もりなどを考慮し、問題なければここで初めて契約となります。

悪徳業者の場合は、他の業者に横取りされないように訪問時に急かすように契約を進めてきますが、他社と比較するためにも一度じっくりと考えてから契約するようにしましょう。

作業

契約時に取り決めた作業日程で、遺品整理業者と親族とで故人の遺品を整理していきます。

また、作業当日に親族がだれも立ち会えない場合は事前に遺品整理業者へ鍵を郵送し、連絡をとりあいながら遠隔で作業を行うことも可能です。

また、近所迷惑となってしまうこともあるので、事前に近隣住民への挨拶も行ってくれます。

作業後の確認

作業終了後は実際に故人の部屋を確認し、最初にもらった見積もり内容に漏れがないか、適切に作業が行われたかを確認し、問題なければそこでお支払いとなります。

支払い

業者によってカード支払いができなかったり、銀行振込しかない場合もございますので、事前に確認しておくと慌てないでしょう。

遺品整理の仕方(当日の流れ)

遺品整理の仕方・作業の流れ

見積もりをお願いした業者の作業内容や見積もりに問題なければ契約を交わし、日程を打ち合わせて遺品整理を行っていきます。

自宅訪問

事前に電話であなたの希望日時と、依頼業者の対応可能日時を相談してから訪問日を決めます。

依頼業者もあなたの希望日時に必ず対応できるわけではないので、あらかじめ作業可能な候補日をいくつか伝えておくと良いでしょう。

作業当日は、作業に入る前にあなたと業者で、作業の流れや注意点について再度打ち合わせをします。

遺品の仕分け・処分・分別作業

あなたと業者で手分けしながら遺品として残していくのか、処分してもいいのかを分別してながら作業を進めていきます。

ここで故人の思いが詰まったものや、価値のあるものをリサイクル品として売るのか、形見分けをするものなど、10種類程度に分けます。

故人の大事な通帳や印鑑、写真などは、この作業中に業者が見つけてくれますので、まだ見つかっていなくてもご安心してください。

遺品の梱包・搬出作業

遺品の仕分けが済めば、再度見直して行き、問題なければ梱包をして搬出していきます。

業者は遺品が破損してしまわないようにしっかりと梱包し、部屋内やマンションなどの共有部などに傷がつかないよう、しっかりと養生をして速やかに搬出します。

現場クリーニング・清掃

すべての遺品の搬出が終わったら、部屋の清掃作業に入ります。

ご家族や同居人がいた場合は簡単な清掃や、原状回復作業のみの清掃で大丈夫ですが、故人が部屋内で亡くなられたり、発見までに時間がかかった場合などは、体が腐敗して強烈な匂いや、虫などが発生している可能性があります。

その場合は簡単な清掃では済みませんので、特殊清掃をしたり、部屋内の部材の交換などが必要になってきます。

清算

すべての遺品整理が終了し、綺麗で何もない部屋になれば、最初に頂いた見積書を再度確認しましょう。

当初予定した作業項目が実施されていない場合は、業者へ理由を聞きましょう。

ちゃんとした回答がない場合は、再度見積もりをしてもらい、納得してから支払いをしましょう。

支払いに関しては、大手業者は現金や銀行振込、クレジットカード支払いなど様々な支払いに対応していますが、個人の業者は現金や銀行振込のみといった場合があります。

電話で依頼した際に、支払い方法についても聞いておくとよいです。

業者を選ぶ際のポイント

失敗しない遺品整理業者を選ぶポイント

故人の思いの詰まった遺品を雑に扱われたくはないので、安心できる遺品整理業者へ依頼したいけど、インターネットには多くの業者がいるので、どこに依頼したらいいかわからないですよね。

それでは安心してお願いできる業者選びのポイントについてご紹介いたします。

遺品整理士が在籍しているか

遺品整理は特別な資格がなくても行うことができます。なので、何でも屋やリサイクル業者でも遺品整理を受け付けている業者もいます。

しかしその場合は、遺品整理についての知識がないので遺品を雑に扱ってしまいがちです。

その点遺品整理士が在籍している業者は、正しい知識や故人の思いを汲み取って遺品整理を行ってくれるので、安心してお任せすることができます。

見積もり時に訪問してくれるか

見積もりをもらう際は、必ず現地に来てくれる業者を選ぶと良いです。

電話で部屋の間取りや住所を伝えて算出された見積もりでは、実際に搬出するのに手間がかかったり、遺品の量が多くて1日で作業が終わらないことになってしまいます。

なので、見積もり時の料金よりも高くなる可能性があるので、見積もりで訪問してくれない業者は避けたほうが良いと言えるでしょう。

見積書や契約書の有無など

ちゃんとした遺品整理業者の場合は、作業前に必ず見積書を提出してくれますし、契約書の締結が必ず必要となってきます。

これがあることで、途中で料金が変更になることはないですし、誤って遺品を壊されてしまっても保証されます。

逆に見積書や契約書がないような業者は、作業終了後に追加料金を求められたり、トラブルがあっても保証がございませんので避けたほうが良いでしょう。

こんな悪徳業者には注意!

悪徳業者に多いのが

注意点

  • ホームページがなかったり、あっても料金などが不明瞭
  • 身だしなみが悪い
  • 電話対応が悪い
  • 料金やキャンセルについて詳しく説明してくれない
  • 支払いを先に要求してくる

などの特徴があるので、一つでも当てはまる場合は注意してください。

また、疑問に思ったことに対して質問をしても、ちゃんと回答してくれないような業者もトラブルになる場合が多いで、避けたほうが良いでしょう。

悪質業者の場合だと遺品の盗難や窃盗被害も

遺品整理は業者を家の中に入れないと作業ができません。悪質業者だった場合は部屋の中の貴重品を見つけても依頼主に報告せず、懐に入れてしまう場合もあります。

また、依頼主や親族がいない隙をみて、貴金属を盗んでしまう場合もございます。

そのようなトラブルを避けるためにも、事前に貴重品などは金庫に入れておいたり、こちらで保管するようにしておくと良いでしょう。

遺品整理を依頼するなら「一括見積もり」がおすすめ!

全国に遺品整理を取り扱う業者は9,000件あり、その中から料金の安い業者や、安心して作業をお願いできる業者を探すのは大変です。

また、料金の安い業者へ見積もりをしてもらったが、対応エリア外だったので結局見積もりの料金が高くなってしまうことも。

そのようにお困りの場合は、遺品整理業者専用の一括見積サービスを活用しましょう!

あなたのお住いのエリアの最安値がわかりますし、個別に業者とやり取りする必要がなくなります。

他にもオプションやサービスなど比較して選ぶことができるので、安心して遺品整理を行うことができます。

遺品整理のおすすめ業者ランキング

遺品整理のおすすめランキング

インターネットで遺品整理業者を検索すると、多くのホームページがあるので一体どの業者に相談していいかわからないですよね。

そこで、テレビで紹介されている業者や遺品整理士認定協会から認定を受けているところ、デジタル遺品の整理に強い業者をご紹介いたします。

不用品回収なら「関西クリーンサービス」

奈良県奈良市に本社を構える「関西クリーンサービス」は、不用品回収に非常に強い遺品整理業者です。ゴミ屋敷の片付けや、家を解体して更地する対応も可能です。

また、テレビ東京の「日曜ビッグバラエティ」や、読売テレビの「大阪ほんわかテレビ」などにも取り上げられるほど有名な業者なので、安心して遺品整理をお願いすることができます。

対応エリアは大阪・奈良・京都ですが、対応エリア外の場合でも対応可能です。

安心を求めるなら「遺品整理プログレス」

全国に拠点をもつ「遺品整理プログレス」は、遺品整理士認定協会から適正業務を行っていると認められている安心できる遺品整理業者です。

こちらもテレビや雑誌、新聞などでも紹介されています。

突然遺品整理を頼むことになっても、24時間365日迅速に対応してくれるので安心して遺品整理を任せられる業者です。

デジタル遺品整理なら「マレリーク」

故人の残されたスマートフォンやデジカメに残されたデジタル遺品の整理に強いのは、大阪府寝屋川市に本社を構える「マレリーク」がおすすめです。

「デジタル遺品整理」では、残された写真やデータの中からネットバンキングやクレジットカードなどの個人情報の流失を防ぐよう、丁寧に整理してくれます。

また、遺品整理業者へ問い合わせをしたい場合、営業時間外の場合はメールでしか問い合わせすることができません。なので返答は翌日以降になることが多いのですが、マレリークでは現場担当者の連絡先が記載されていますので、すぐに相談することができます。

まとめ

遺品整理について、おわかりいただけましたでしょうか。

故人が亡くなった後は、部屋に残された大量の遺品の仕分けや、行政の手続き、遺品の買収など様々な整理をしなければいけません。

大変な遺品整理を専門業者にお願いしようしたが、その連絡先が悪徳業者だったとしても、今回ご紹介した情報を参考にして頂ければ避けることができます。

いつまでも故人の部屋に残された遺品の整理に困っているのであれば、一度遺品整理の専門業者へ相談して見ましょう!


遺品整理のプロが教える!
遺品整理のマメ知識

人気ランキングはこちら!